MENU

人体のあらゆる部位に存在

男性

その驚愕すべき能力

どんな生物であってもその体は、細胞の集合体であり細胞の中に存在してるのがミトコンドリアになります。ではそのミトコンドリアはどんな働きをしているのか、人にとってはどんな役目を担っているのかという疑問が生じます。肝臓や腎臓に脳組織といった人にとって重要な役目を持つ器官の、あらゆるところに存在しているのです。驚くべきことは細胞質の40パーセントを占めているのが、ミトコンドリアであることをご存知でしょうか。さて人の体の多くの部位で存在するミトコンドリアの働きは、タンパク質やミネラル脂質や糖質を利用しエネルギーを合成することです。そして細胞核とは別に独自の遺伝子を有し、分裂と増殖をすることができるので人の体調がよければ良質なミトコンドリアが多数存在しています。しかし人の体が老化するとこの遺伝子の伝達が不完全になり、良質ではないミトコンドリアが増えてしまうのです。この状態を続けていくとエネルギー不足がおこって人体の老化現象が加速し、体調も悪化する原因となってしまいます。ではどうすれば良質なミトコンドリアを増やせるのかというと、有酸素運動とプチ断食を実施することです。食事をする前に有酸素運動をしたり、プチ断食を実施することで空腹感を体が感じることで、ミトコンドリアは増殖し正常な働きをしてくれます。有酸素運動は朝食前にジョギングやウオーキングなどをすることで、運動不足も解消できるので一石二鳥ではないでしょうか。プチ断食も大げさに構えることなく週末だけで結構ですので、市販されている野菜ジュースやスムージーで置き換えの食事をしてください。実施後には良質のミトコンドリアが増殖し、良い働きをしてくれるので体調が良くなるのは確実です。